企業情報

沿革

西暦元号主な出来事
1923 大正12 合資会社三星工業所を大阪府堺市に設立。顔料を製造開始する。
1925 大正14 特色ある自社顔料を活用し、印刷用インキの製造を開始する。
1945 昭和20 戦災により本社、工場及び大阪、名古屋各支店焼失する。
1959 昭和34 合資会社三星工業所を三星インキ株式会社に組織、社名変更する。
1965 昭和40 堺市浜寺船尾町東に近代設備を誇る最新鋭工場建設する。通産省から『中小企業合理化モデル工場』に指定される。
1969 昭和44 RM新型金インキを世界で初めて開発し、その優秀さが認められ、販売量急増、生産設備を増強する。
1975 昭和50 業績拡大に伴い本社ビルを大阪市天王寺区烏ヶ辻に建設、移転する。
1976 昭和51 RM型金インキの卓越した性能と独自の製法が認められ、特許庁より発明特許を受ける。
1982 昭和57 RM型金インキ(ロイヤルゴールド)に対して、アメリカ、西ドイツ及びスイスの特許庁より発明特許を受ける。
1992 平成4 インキ中のVOCを低減した環境対応型インキである大豆油インキ(SOYECO)を日本で初めて開発し、販売を開始する。
1997 平成9 国内はもちろん世界各国において製品と技術の優秀性が認められて需要拡大したため、業界最新鋭設備を全面導入し、最新鋭合理化工場とする。
1999 平成11 業績拡大のため、京都支店を新築し、京都市下京区より南区に移転。
2000 平成12 ISO9001認証を取得する。
2001 平成13 永年に亘る品質管理に対する取り組み姿勢と、 その成果及びISO9001認証取得に対して、大阪府より大阪府品質管理優良推進企業の表彰を業界で初めて受賞する。
2005 平成17 環境に配慮した水性フレキソ及びグラビア金・銀インキを開発し、販売を開始する。
2006 平成18 生産販売一体化による生産、営業及び事務効率向上のため天王寺本社を堺へ新築移転し、本社・工場を集約する。
2010 平成22 省エネ型として登場した新規硬化システム(LED)に対応したLED-UV極上金・銀インキの開発に成功し、販売を開始する。
2015 平成27 発色性と印刷適性のバランスを重視し、良好な貯蔵安定性を有したUV金銀インキであるUV No.1ゴールド・シルバーの開発に成功し、販売を開始する。完全ノンスプレーを目指したプロセスインキ 新KNSプロセスを開発し、販売を開始する。
2016 平成28 UV No.1ゴールド・シルバーの省エネ対応インキであるH-UV及びLED-UV No.1ゴールド・シルバーの販売を開始する。